弁天通商店街

神社・お寺めぐり

神社・寺院めぐりマップ

お散歩がてら神社・寺院めぐりはいかがですか?

神社・寺院 紹介

①宗像神社

別名 御深井弁天(おふけべんてん)と呼ばれます。
参道もなかなか味があります。
徳川家の私社から、明治7年村社となり、明治22年御深井向島より現在地に遷宮。
宝物に、義直筆の社号額、狛犬がある。
例大祭は10月で、琴の奉納が行なわれる。

また、6月9日・10日は子供の厄除けの茅の輪くぐりが催される。

②蜂谷宗意宅跡

香道の家元で京都で生まれましたが、

明治維新の混乱を避け名古屋に移住しました。
蜂谷宗意は香道の家元で、1803(享和3)年に京都で生まれ、

志野流第15世を継承しました。
現在も伝統を継承されており、名古屋市の無形文化財に指定されています。

③浄心寺

曹洞宗で、俗に浄心観音堂という。

1811年旧寺の址に建立。
本尊如意輪観音の他に岩塚より薬師如来を招請し創建。
開山は寂照禅師。

④興西寺

1411(応永17)年に現在の甚目寺町に創建され、

名古屋城築城の際に北鷹匠町へ移り、

さらに1645(正保2)年に藩祖義直によってこの地に移されています。
徳川家代々の位牌が安置されており、葵の紋も許されていました。
1699年三代藩主綱誠公歿以降、歴代藩主の位牌を安置し、上宿御坊といわれた。

⑤上宿山神社

戦前、山神社といい、もと名古屋城に武島天神社共にあったが、

慶長年間に現在地に遷宮した。
山や野の神といわれている大山祗神(おおやまつみのかみ)が祀られている。

⑥武島天神社

歓請年月日は不明だが、一説には応安元年(1368)といわれ、

名古屋城深井丸の南あたりに祀られていた。
名古屋城築城のため、現在地へ遷宮。

祭神は小彦名命(すくなひこなのみこと)。