弁天通商店街

弁天通商店街とは

弁天通商店街は浄心(じょうしん)交差点【名古屋市西区】より東に広がる商店街です。

弁天通商店街の主催行事

  • 弁天市(毎月3日)
  • 浄心の緑を育てる会(第1又は第2土曜日)
  • 浄心をキレイにする会(第3木曜)
  • 天王祭(毎年6月9・10日)

⇒その他 商店街ニュースへ

商店街の歴史

大正4年

市電が延長された年。

水が豊富で染色・製綿・織物工場が多く、工員や女工さんで賑わった。

昭和20年代

商店街第2の賑わいのころ。有料の自転車預かり店が10店ほどありました。

【昭和28年ごろの商店街】道幅は狭く6mだった

昭和30年代 自動車交通の増大に伴い道路が拡幅され、片側商店街化し賑わいを失い始める。昭和34年9月、伊勢湾台風により被害。
昭和55年 浄心地区商店街改造計画作成。この当時の店舗数は97。
昭和60年 浄心緑道彫刻始まる。
平成12年 電線類地中化工事始まる。
平成17年 「いっぷく茶屋」が始まる
平成20年4月 名商連より地域貢献賞大賞を受賞
平成22年7月 「いっぷく茶屋」中止